家庭に学習支援動画を配信/埼玉県(テレ玉)
 
熊谷東中キャラクター決定!
 
来校者
R2.5.26~337397番目の来校者です!
今までの来校者
H26.4~H30.12 
来校者   757412人
H30.12~R2.5
来校者 1590041人
 
本日の来校者
        本日、4928番目の来校者です!
がっ中の軌跡
新着情報
 
がっちゅうチャンネル

<WEB版くまなびスクールへ移動>
 http://www.kumagayashikyoi.jp/




 

学校教育目標

志高く

〇心豊かな生徒
〇主体的に学び、考える生徒
〇たくましく生きる生徒


 
目指す学校像
生徒が「日本一だ」と誇りをもって
卒業することができる学校


【生 徒】一人一人が認められ、学ぶ喜びを
     実感できる学校
【教 師】温かさと厳しさをもって生徒に精一杯
     の愛情をそそぐことができる学校
【保護者】我が子の成長を確かめ、安心して
     任せることのできる学校
【地 域】地域に開かれ、感謝される学校
 
熊谷東中学校スマホ使い方宣言

 
4つの実践・3減運動


 
がっ中の誇り
〇コロナ禍の体育祭(R.2 10.8)




〇離任式の様子(R2.7.5 埼玉新聞掲載)


〇授業動画撮影の様子(R2.5.19 テレ玉ニュースにて放映)




〇ムサシトミヨ繁殖報告会(R2.2.16 熊谷商工会館)
 2年・松本さん、野口くん


〇埼玉県理科教育研究発表会(R2.2.7)
 最優秀賞 3年・石井くん




〇埼玉県書き初め展(R1.1.25・26)
 11作品出展
 
 
〇埼玉県ビブリオバトル(R1.12.15)
 優勝 2年・瀬山くん 準優勝・越前屋さん


〇埼玉・教育ふれあい賞受賞(R2.10.13)
 3年・栗原くん、新妻くん


〇サモア・ロシア国歌練習会(R1.9.5)埼玉新聞


〇熊谷東中学校校歌
 
お聴きください。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
      
熊谷東中.mp3

〇熊谷東中学校サモア国歌
 
お聴きください。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

   サモア国歌.mp3

〇英語ラウンドシステム

〇無言膝つき清掃
 
交通安全
 

ログイン

スマートフォンの使用方法
ご家族一緒にスマートフォンのご活用
について考えてみてください。
文部科学省動画教材
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.youtube.com/playlist?list
=PLGpGsGZ3lmbAOd2f-4u_
Mx-BCn13GywDI
・スマホ4つの実践裏面270317.pdf
 

AEDを職員玄関に設置しています。

               
 

お願い

本校のホームページに記載の記事や
写真などの無断掲載を禁止します。

〇熊谷市では、「子どもを徹底してかまう」
指導を充実させています。
 つきましては、市内小・中学校一斉に、
来年度平成31年4月1日から、放課後の
電話対応については、午後6時30分まで
といたします。ただし、
緊急の場合を除き
ます。
御用のある場合には、翌日以降に
ご連絡いただくようお願します。

 

日誌

新規日誌40
123
2020/10/23

美しい心と素晴らしき伝統

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

本日は駅伝競走熊谷市予選が行われました。陸上競技は、新人大会の市予選が雨、県大会も雨、そして本日も生憎の雨で、生徒たちを非常に気の毒に思いました。せっかくの成果を試す場ですから、できれば青空のもとで競技させてあげたかったです。

 本日の結果は、選手たちにとって納得いくものではなかったかもしれませんが、雨の中の彼らの精一杯の力走に拍手を送りたいと思います。選手から選手へ「がっちゅう」のタスキがつながれる瞬間を見るたびに、元気をもらった気がします。チームで走った選手も、必死に声援をおくった控えの部員も、ご苦労様でした。

 そして、もうひとつ感動したことがあります。陸上競技場の場外には、学校ごとに生徒たちの自転車が置いてあります。下にあるのは、本校の生徒の自転車と他校のものの様子を記録した写真です。先の新人戦の多くの会場でも確認したことでしたが、本校の生徒たちはどこへ行ってもヘルメットを荷台にくくりつけ、きれいに整頓して駐輪できているのです。美しい心そして素晴らしい伝統です。校長として胸をはって、会場を後にしました。
 後期の生徒たちの活躍をさらに期待したいと思います。

      
      熊谷東中          他校        タスキを受け出発!
17:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/30

神無月に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

 昨日は校庭で全校朝会を行うことができました。朝会として全校生徒を前にして話をするのは今年度初めてのことです。何気ないことかもしれませんが、マイクに向かってメッセージを伝えるのではなく、ひとりひとりの生徒の顔を見ながら話が出来たことは、大変感動的でした。

 さて、来週は体育祭を予定しています。縮小した内容で、午後の数時間かつ保護者の皆様にも来校をお断りして未公開の形での開催になります。ここ数日、体育の授業では、体育祭種目の練習に取り組んでいます。校長室で執務していると、これまで校庭からはなかなか聞こえてこなかった生徒たちの明るい声が響いてきます。その声を聞いているだけで、何か胸がわくわくしてきます。

 また、明日は12年生の新人体育大会の中心日になります。日頃の生活態度で大会に臨み、集中してプレイ・応援をし、終了後は、会場をきれいに整え、正々堂々と胸を張って帰ってくるよう伝えました。大会は特別ではなく、日頃の延長なのですから決して緊張し固くなることはありません。がっちゅう生の活躍を期待しています。 がんばれ、熊谷東!


12:43 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/09/15

コロナ禍と人の心

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

 「いつになったら普通の生活に戻れるのか」そんな想いを、世間の誰もが毎日抱いているにちがいありません。「本校の生徒が感染したら...」「家族の中から感染者がでたら...」「私を含め職員の中から感染者がでたら...」など、考え始めるときりがありません。
 感染の不安や恐怖とは別に、私たちは、人の心にある大きな壁にも対峙しなくてはならない状況にあります。誰もが感染するリスクがあるものの、罹ってしまった個人やその家族を非難したり、中傷したりする差別(人権問題)が世間で罷りとおってしまっているというのです。このため、県教委の教育長も偏見や差別防止のメッセージを緊急発信しました。発症した人たちを社会から隔離してしまうという先人たちが犯してしまった「ハンセン病(らい病)」の過ちから何も意識が変わっていない点は、人間の本性の恐ろしさともろさを感じます。
ぜひ、期末テスト終了後の道徳や学活の時間に学級全体で話し合って考えてほしい題材であると先生方にはお願いをしました。
 熊谷東中学校は、感染症予防の徹底と心の教育の充実に引き続き取り組んで参ります。

 
10:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/31

夏季休業を前に

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
新型コロナウィルスの感染の広がりが、再びその勢いを増しています。これまで同様、一人一人が基本的感染対策に真剣に取り組み、予防に努めましょう。決して油断をしてはいけません。
保護者の皆様におかれましても、御協力の程よろしくお願いいたします。

校内放送による校長のことば(夏季休事前指導).pdf
13:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/28

管理棟の工事に関して

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
アスベストを含む壁面を除去・修復するための工事が管理棟で始まりました。まず足場が組み立てられた後、シートで校舎が覆われました。ここのところ青空を久しく見ていませんが、梅雨明け後も職員室、事務室、校長室、保健室は陽のあたらない薄暗い日々が12月まで続く予定です。現在の管理棟職員玄関(南側)も併せて改修されるため、今月いっぱいでしばらく封鎖してしまいます。保護者や地域の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、来校される際は、管理棟北側の入口より事務室までお越しください。よろしくお願いいたします。
16:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/11

一歩前進~大きな収穫~

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
 健康観察カードを記入していただいたり、人数制限をさせていただくなど感染症への配慮を実施しながら、今年度初めてのフリー参観(3年生は高校説明会)及び学級懇談会、PTA本部・専門委員会を開催することができました。また、通常の学校生活に近づけた気がして少しだけほっとしました。学校説明会に来ていただいた高校の先生方からは、「集中してきちんと話を聞くことのできるとてもいい生徒さんたちですね」という感想を多くいただき、さらに気分が明るくなりました。
 本校の目指す「主体的に学び、考える生徒」の実現を最終目標にして、教育活動を一層充実していきたいと思います。
 保護者の皆様、説明会の講師を務めていただいた高校の先生方、本日はどうもありがとうございました。

15:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/07/06

例年と違う部活動引退

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

今年度は、公式戦やコンクール等が開催されることなく部活動の引退を迎えた3年生。623日からの約10日間が基本的に最後の活動となった。1年生の入部がぎりぎり間に合ったので、何とか数日間は3学年揃っての活動を経験できたのがせめてもの救いである。これで約8割の生徒が部活動を引退し、進路選択に気持ちを切り替えていくことになる。感染症対策のため修学旅行も部活動もなくなってしまった悔しさをバネに、ぜひ進路選択では完全燃焼して希望の進路を実現してもらいたい。

一方、もうしばらく文武両道の選択をとった生徒もいる。約30名は予定されている公式戦への出場を果たしてから引退することになっている。折角の機会を悔いの残らぬようやり遂げよう。

引退した生徒も、もうしばらく継続して取り組む生徒も、あらためてゴールを目指してスタートです。がんばれ、東中生(がっちゅうせい)
18:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/06/22

一斉登校始まる Welcome back!

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

ようやく一斉登校が始まり、学校の主人公たちが戻ってきました。登下校の際の正門近くの自転車の長蛇の列、教室から校長室まで聞こえてくる生徒たちの声、廊下を元気に歩く足音、「こんにちは」という明るい挨拶、密に注意しながら給食や掃除に取り組む姿等を見たり聞いたりしてほっと一息です。これから夏季休業に入る7月31日までの約ひと月を、無事にそして大切に過ごしていきたいと思います。主人公たちの活躍を応援していきます。


17:54 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2020/06/15

「新しい生活様式」の給食

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

来週から一斉登校と同時に給食が始まります。給食の時間といえば、班編成をして、友達や教師とおしゃべりをしながら楽しく食べるイメージですが、当面は準備から片付けまで飛沫感染に最大限の注意を払い、ソーシャルディスタンスと無言を意識して、授業と同様、前向きで食べます。コミュニケーションをほとんど取ることができない味気ない給食です。しかし、北九州市内の小学校でクラスターが発生し複数の児童が感染した事例や都内の夜の繁華街で2桁の感染者が発生している事例を見ていると、やむを得ない状況と言えます。給食当番の集まる配膳室も密を避けるため、一方通行と監督教師が指示を行う人数制限を設けます。

 新型ウィルスから生徒たちを守るために新たな取組がまたひとつ始まります。
11:23 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2020/06/04

学校のコロナ禍

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

当然ですが、3か月の空白は子どもたちにも大きな影響を及ぼしています。「朝、起きるのが大変です。」「(登校が)毎日ではないので、調子がでません。」「午後からだと何か変です。」正門で生徒たちに声をかけて帰ってきた生の声です。明るい表情で帰っていく生徒が比較的多いことが何よりの救いです。

一方、教える側ですが、先生方は、指導案を考えてから受け持つ学級分をほぼ同様に授業を進めていくのが通常です。それを今回は3倍、(つまり4学級分の授業を担当しているならば、)4×3=12の形で授業を進めています。さらに、マスクの着用です。教室訪問していて様子を見ていると想像以上のやり辛さを感じます。

当然ですが、学校も「コロナ禍」の大きな犠牲を受けていると実感しています。一斉登校に向け、引き続き念入りな再点検を進めてまいります。
11:33 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
123

校長挨拶

校 長 伊藤 幸男

 本校は、昭和22年の桜田中学校創設から72年目、熊谷東中学校として統合されてから60年目を迎える伝統ある学校です。県北の拠点熊谷市の東部に位置し、南北に長く広がった学校区には、昨年度ラグビーW杯で盛り上がった熊谷ラグビー場、熊谷市の商業の拠点ソシオ流通センターなどがあります。    

 5つの小学校区から集う生徒たちは、向上心に富み、文武両道で学習、部活動に励んでいる日本一の生徒であり、保護者、地域は大変協力的で、「家庭の教へで芽を出し」「学校の教へで花が咲き」「世間の教へで実がなる」熊谷教育を進めていく上で、最良の環境を備えた学校です。

 「志高く 心豊かな生徒 主体的に学び、考える生徒 たくましく生きる生徒」の達成するため、笑顔と熱意に溢れた教職員が一丸となって取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。