H26.4~H30.12までの来校者 757412人
H30.12.18~621462番目の来校者です!
本日の来校者
7943番目の来校者です!
がっ中の軌跡
NHKで全国放送されました!!
新着情報
 

パブリックスペース

陸上部県大会2日目④日誌07/22 13:10
陸上部県大会2日目③日誌07/22 13:10
陸上部県大会2日目②日誌07/22 13:05
陸上部県大会2日目①日誌07/22 13:00
トイレ改修工事日誌07/21 15:40
女子バスケ2日誌07/21 15:40
女子バスケ日誌07/21 15:35
陸上部県大会14日誌07/21 14:45
陸上部学総17日誌07/21 14:30
陸上部県大会13日誌07/21 14:25

学校教育目標

志高く
〇優しさのある生徒
〇自ら学び考える生徒
〇たくましく生きる生徒


 

目指す生徒像

笑顔・志・本気を合言葉に、
生徒が自分と自分の学校に
日本一の誇りを持って
卒業することができる学校をつくる。
 

熊谷東中学校いじめ防止基本方針

熊谷東中学校部活動ガイドライン

がっ中の誇り


〇さくらマラソン  
    3位 森   基 君  
    7位 竹内 拓海 君



〇熊谷東中学校校歌
     
お聴きください。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
      
熊谷東中.mp3

〇第37回鴻巣パンジーマラソン大会
 陸上部3年の森基君第1位(大会新記録)



〇熊谷市体育協会優秀選手賞 山口君 阿南君



〇熊谷市歯科優良校 表彰式

〇埼北よみうりに掲載 
 ムサシトミヨ30周年講演会


〇ムサシトミヨを守る会30周年記念講演会
 埼玉新聞掲載


〇埼玉県書き初め展入賞
埼玉県書写教育連盟賞 1年内田遥愛さん
推薦賞 1年越前屋友華さん 2年堀口陽凪さん
      2年大室 遥さん
特選賞 2年瀬尾結衣さん


〇県ラグビーベスト15
坂本侃彌君 橋本颯太君 富岡 陸君  
今井 蓮君  金井優作君



〇英語ラウンドシステム

〇無言膝つき清掃

〇全国大会 砲丸投げ5位入賞 3年生阿南選手

〇関東大会砲丸投げ3位入賞3年生阿南選手

〇関東大会 男子バレーボール部出場

〇東関東大会 ラグビー部出場

〇埼玉新聞掲載(1/24)3年生起業家講座

〇体育祭

〇東雲祭


 

交通安全

 

ログイン

スマートフォンの使用方法

ご家族一緒にスマートフォンのご活用
について考えてみてください。
文部科学省動画教材
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.youtube.com/playlist?list
=PLGpGsGZ3lmbAOd2f-4u_
Mx-BCn13GywDI
・スマホ4つの実践裏面270317.pdf
 

AEDを職員玄関に設置しています。

               
 

お願い

本校のホームページに記載の記事や
写真などの無断掲載を禁止します。

〇熊谷市では、「子どもを徹底してかまう」
指導を充実させています。
 つきましては、市内小・中学校一斉に、
来年度平成31年4月1日から、放課後の
電話対応については、午後6時30分まで
といたします。ただし、
緊急の場合を除き
ます。
御用のある場合には、翌日以降に
ご連絡いただくようお願します。

 

がっ中  一日一言

NO.87  7月19日 
「ニコッ」
「ハイ」
「スッ」


笑顔で、元気に返事をして、
スッと動く。
実に気持ちいいですよね。
これができる人は、
ぐんぐん伸びますよ。  
           校長

       
 

日誌

新規日誌40
12345
2019/07/13

校長のつぶやき151 1日平均3300のアクセス

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
   ここ1ヶ月の一日平均のアクセス数が約3300回となっています。このペースで進むと、年間100万回もゆめではありません。
   一日平均35から50のごく平凡な記事を書かせていただいています。記事をかくには、必ず対象の近くにいなければなりません。肌で熱を感じたり、見たり、話したりも自然にします。対象と一体となれます。
   私自身が勉強させていただく場となっています。
   一方的な発信とならないように、皆さんの息づかいをしっかり感じとって発信していかなければならないと思っています。
   的外れの一方的な発信にお気づきの時には、遠慮なくお知らせください。よろしくお願いいたします。
21:58 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/18

校長のつぶやき150 上農は草を見ずして草をとり

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

上農は草を見ずして草をとり
中農は草を見て草をとり
下農は草を見て草をとらず

梅雨の合間を見て、用務員さんと一緒に草とりをしています。
私は、中農と下農の間、しかも、下農寄りの状況です。
草とりをしながら色々なことを考えます。
教育においては、上農でなくてはいけないと思います。
問題がなぜか起こらない学校にしていきたいものです。

問題解決より、早期発見・早期対応
早期発見・早期対応より、未然防止

そんなことを考えながら草とりをしていました。
19:14 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/06/17

校長のつぶやき149 アクセス数50万突破

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

昨年の12月18日から7ヶ月で、50万アクセスをとっばしました。
1年間で、100万アクセスを目指していますので、がんばらなければなりません。
皆様に役立つ情報を、更に工夫してアップしていきます。
ホームページへのご要望がありましたら、校長までお話ください。

皆様が、毎日毎日、このホームページにお越しいただけることに、感謝しています。
また、学校へのご支援ご協力ありがとうございます。

これからも、生徒一人一人の誇り、
学校の誇りを、
お伝えしていきます。

今年の12月18日に、
100万アクセスを達成できるように工夫していきます。
12:49 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/04

校長のつぶやき148 おいあくま

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
おこるな

いばるな

あせるな

くさるな

まけるな

18:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/05/15

校長のつぶやき147 3ミリの隙間をうめる

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

30センチのサービスは、3ミリの隙間をうめることから

 「私の仕事じゃないと言って、放置される仕事がある職場は堕落する」何回も、先生方にお話ししていることです。

 昨日、写真の掃除場所の隣で、ほこりが積もっているのを発見しました。2年生に聞くと、「私の掃除場所は、先生からここまでと言われているので、自分たちの分担個所ではありません。」1年生に聞くと、「私たちの掃除場所も、先生からここまでと言われているのでここは掃除場所ではありません。」たった、3ミリ先にあるほこりを取ろうとしません。すぐ隣の掃除場所では、手すりの棒の根元の金属部分まで、磨きあげられています。当然、この掃除場所の掃除は、隅々のほこりに気づくはずもありません。

 先日も、「掃除が終わったので」と言って、掃除時間内に、雑誌を読んでいる生徒がいました。(もちろん、与えられた場所の掃除はしっかりやった上で)

 以前、学校だよりに、「30センチのサービス」という話を載せました。自分の掃除分担場所をはみだして、30センチ余計に掃除をするようにする掃除のことを言います。学校を隅々まできれいにするために、掃除は分担されています。自分の与えられた仕事さえ終えればそれでいいというものではないと思います。なぜ、この仕事をしているのかという、根本のところを捉えなくてはいけません。「無言膝つき清掃」は、たった3ミリ先のほこりに気づき、そのほこりを自然にふき取ることができる人となる勉強をする活動です。とっても深い活動だと思います。先生も生徒も、「無言膝つき清掃」から学んでいきましょう。

隅々まできれいに磨きあがられています


 

 


05:20 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/05/07

校長のつぶやき146 協働

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

 今朝の全校朝会で、「天国と地獄の長い箸」の話をしました。  
 
 地獄では、食事の時間、人々が、長いはしを持って大きいなべの前に集まっていました。
人々は 長いはしで、なべの中のごちそうをとって食べようとするのですが、あまりに長いので、どうしても自分の口にごちそうがとどきません。それでみんな、何も食べられずおなかをすかせ、やせこけて、他の人の食べ物を横取りしようとしてけんかばかりしていました。     
 天国も食事の時間でしたので、人々は、地獄のと同じ、長いはしをもって、地獄のと同じ、大きいなべの前に集まっていました。 天国でも、長いはしで食事をしなければならない決まりなのです。 天国の人々は、おだやかな顔をして楽しそうにごちそうを食べていました。長いはしで、おたがいに仲良く他の人とごちそうを分けあっているのです。

 「協働」という言葉があります。「協働」とは、みんなで、目標を共に持って、力を合わせて活動することをいいます。学校では、授業で、みんなで、楽しく、話して、聞き合う、「学び合い」の授業をしています。これからの社会で必要とされる力の一つに「協働」力があります。「天国と地獄の長い箸」の話の天国人々のように、おだやかな顔をして楽しそうに、
おたがいに仲良く他の人といっしょに生きていく力が必要とされます。

 そのために、本校では、英語ラウンドシステムを取り入れています。この考え方を、すべての授業で進めて、授業を楽しんでいます。

 本校の学校教育目標、「優しさのある生徒」にもつながることです。

22:22 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/05/02

校長のつぶやき145 春の熱中症にご注意を

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
連休もあと4日です。
天気予報によると、
明日から連日、
25度以上の夏日となるということです。
暑さになれていない体は、
熱中症になりやすいそうです。
室内の部活も含め、
水分補給をしっかり行いましょう。
休養と朝の食事もしっかりとって、
部活動に参加してください。

しっかり休み、
しっかり活動し、
しっかり結果もだす。

たくましく生きる生徒を育てます。
編集 | 削除

18:28 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/03/26

校長のつぶやき144 自ら学ぶ姿勢

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

 今年度も、あと一日で修了式を迎えようとしています。
 1,2年生の頑張りも随所で見られました。
 新人戦での数々の部の県大会出場に象徴されます。新体力テストや県や国の学力調査でも実力を発揮していました。何と言っても、がっ中生のすがすがしい生活ぶりからは、私は、いつもエネルギーをいただいています。


 1年生の皆さん、大きくなりましたね。ついこの間まで、ランドセルをしょっていたとは思えませんね。皆さんのいいところは、明るく元気な所です。
 2年生の皆さん、立派なリーダーに成長しつつあります。優しく穏やかな皆さんの教室は、いつもあったかいですよ。

 
 1.2年生の皆さん、皆さんは、まだまだ伸びますよ。むしろ、自分の力を出し渋っているようにさえ、私には見えます。もったいないです。

 つぶやき143でも書きましたが、「与えられる教育」を選ぶか、「自ら学ぶ教育」を選ぶかで、今後の
びには大きな差が出ます。「やれでやる」のか、「やるでやる」のか、どっちを選びますか。

 運動や生活面は、多少強制されても伸びるのですが、勉強については、「やるでやる」姿勢がないと成績アップは望めません。

 「やるでやる」自分をつくるためには、二つのことが必要です。
 一つ目は、夢や志を持つことです。イチローが小学校の卒業文集に、「プロ野球選手になる」と書いたように。

 二つ目は、夢や志に向かって、目標を決めるということです。毎朝、朝練では、7:35にグランドに立つ」とか、「誰にも負けないハイの返事をする」とか、具体的な目標を決め、決めたら、コツコツと必ず実行するということです。

 1,2年生の皆さんの「自ら学ぶ姿勢」に期待します。

 
 
00:00 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/03/18

校長のつぶやき143 自ら学ぶ姿勢

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

本日の『がっ中一日一言』には、「あらゆる人間は、二つの教育を持っている。その一つは他人から受ける教育であり、他の一つは、これよりもっと大切なもので、自らが自らに与える教育である」という、18世紀の英国の歴史家ギボンの言葉を書きました。

418日に、「全国学力・学習状況調査」が、新3年生を対象に行われます。2年生には、まずは、この「全国学力・学習状況調査」に向けてがんばっていただき、次は、中間テスト、実力テスト、期末テスト、塾や業者のテストと、テストを繰り返す毎に学力を伸ばしていってほしいと考えています。そして、最後のテストは、入試です。

先程も、2年生の授業では、国語も数学も1年間のまとめの総復習の問題を解いていました。数学では、「2年生でもできる入試問題」という自作プリントを使って授業を進めていました。国語では、過去の「全国学力・学習状況調査」を使って、今求められている学力を付けることをねらって授業を進めていました。校長として、先生方のやる気に感心して授業を見させてもらいました。まずは、生徒の学力を伸ばすためには、教師のやる気が大切なのでしょう。でも、水を飲もうとしない馬に、無理矢理水を飲ませることはできないように、勉強をしようとしない子ども達に、強制して勉強をさせることはできません。

大切なのは、ギボンの言葉のように、「自分から学ぼうとする姿勢」なのでしょう。

・授業での前向きな態度

・宿題や提出物は必ず出すこと

・「なぜ」といつも考えて勉強する姿勢

・宿題や塾の勉強にプラスした学習

・反省を生かした勉強をしていく姿勢

・一旦決心したことはやり通す姿勢(たとえば、朝練には絶対に7:45までには出ると決めたら、5分や10分の遅れはいいやなどとは考えず、必ずやり通す。)

・教えてくれる人に耳を傾け学ぼうとする。

・ミスをしても素直に認めて、二度と繰り返さないようにする。

・「次はもっとうまくいく・・・もっとじょうずにやろう」と前向きに取り組む

このように、いろいろなことが考えられます。それぞれが、自分でよく考えて、決めて、コツコツと続けていくことが必要です。情熱と粘り強さを持って!

生徒の皆さんの、「自分から学ぼうとする姿勢」に期待しています。


14:13 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/03/18

過去の『がっ中 一日一言』NO.32~35

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

NO.35 3月13日
  大切なのは勝つことじゃない。
  大切なのは挑戦することなんだ。

 3年1組の学級通信で、内田先生が書いていました。いい言葉です。3年生、がんばれ!

NO.34 3月12日
 
恕(じょ)

 孔子は、弟子の「生きていくうちで一番大切なことは何ですか。」という質問に対して、「恕かな。」と応えました。恕とは、思いやりです。
NO.33 3月11日
 人生・仕事の結果
           =考え方×熱意×能力


 京セラ会長の稲盛和夫氏が考えた人生・仕事の方程式があります。人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力。大事なのは、人生や仕事に対する「考え方」と「熱意」であり、「能力」は3番目だそうです。「能力」とは、知能、学力や運動神経などです。ウサギとカメの話のようですね。
NO.32 3月10日
 「本気」

「本気」  後藤静香

本気ですれば

たいていな事はできる

本気ですれば

なんでも面白い

本気でしていると

だれかが助けてくれる







05:51 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345

校長挨拶

校 長  原口 政明

 本校は、昭和22年の桜田中学校創設から70年目、熊谷東中学校として統合されてから57年目を迎える伝統ある学校です。熊谷市の東部に位置し、5つの小学校区からなり、南北に長く広がった学校区を持つ中学校です。近年、市街化が進んでいますが、田園風景も残す地域にある学校です。 
 生徒は、向上心に富み、文武両道で学習、部活動に励んでいる日本一の生徒であり、保護者、地域は、大変協力的で「家庭の教へで芽を出し」「学校の教へで花が咲き」「世間の教へで実がなる」熊谷教育を進めていく上で、最良の環境を備えた学校です。
 「志高く 優しさのある生徒 自ら学び考える生徒 たくましく生きる生徒」の育成に向け、使命感に燃える教職員で一丸となって取り組んで参ります。使命感に燃える教職員は、「笑顔」「チーム東」「本気」を合言葉に取り組んでまいります。そして、「笑顔・志・本気を合言葉に、生徒が自分と自分の学校に日本一の誇りを持って卒業することができる学校」目指していきます。どうぞよろしくお願いいたします。